BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外試乗

2019.01.26

高級小型ハッチ対決 ミニ・クーパー vs アウディA1 vs フォード・フィエスタ トップはやはりあの定番モデル

ミニ・クーパー /アウディA1/フォード・フィエスタ

文・サイモン・デービス 

テスト開始 まずはA1から

では、このなかではもっとも新しいモデルとなるアウディから早速テストを始めよう。

このクルマのインテリアの印象を語るのに、ヒーター付きシートに長時間座っている必要などない。グラフィックの見やすいインフォテインメントシステムと、ダッシュボードのほとんどを占拠するバーチャルコクピットに使われているスチールグレーを除けば、基本的にこのクルマのキャビンはモノクロームのクールなものだ。

このインフォテインメントとバーチャルコクピットは、1650ポンド(23万4000円)のテクノロジー・パックに含まれており、大型モデル同等の洗練性を感じさせてくれるだけだとしても、このオプションは魅力的な選択肢だろう。

先端に3カ所の開口部を持つボンネットの下に積まれているのは116psを発揮するフォルクスワーゲン製1.0ℓ3気筒だが、そのサウンドは決して素晴らしいとは言えない。よく磨き上げられた控え目なエンジンであり、自身の存在を主張することなく、黙々と仕事をこなすタイプのユニットだ。


だが、だからと言って、決してパフォーマンスに不満がある訳ではない。正確で滑らかな動きの6速マニュアルゴアボックスを使ってひとつかふたつシフトダウンしてやれば、わずかなターボラグはあるものの、リミッター近くまで粛々と回転上昇を続け、それなりの活気も見せてくれる。

この3台のなかではアウディがもっともアンダーパワーな1台だったが、それでもパフォーマンス不足を感じたり、他の2台に大きく遅れをとるといったことはないだろう。

個性的なユニットだとは言えないが、A1の購入を考える多くのひとびとにとって、その印象的な洗練された感じや低回転から発生する20.5kg-mのトルクといったものは魅力的に写るに違いない。

同じことは、このクルマの落ち着きあるマナーについても言える。上のクラスの基準に照らしても、A1はよく洗練されており、自己主張の控え目なエンジンと、ボディサイズの割りにしなやかな乗り心地も魅力だ。

 
最新初試乗

人気コンテンツ