BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外試乗

2019.01.26

高級小型ハッチ対決 ミニ・クーパー vs アウディA1 vs フォード・フィエスタ トップはやはりあの定番モデル

ミニ・クーパー /アウディA1/フォード・フィエスタ

文・サイモン・デービス 

いまだ新興勢力 真打登場

路面とのコミュニケーションに優れたステアリングによって、フィエスタのハンドリングは素晴らしく、さらに、シャープな乗り心地で、オプションの18インチを履いていたにもかかわらず、磨き上げられたボディロールは、決してアウディに大きく劣るようなものでもなかった。

しかし、フィエスタは常にドライバーとの繋がりを感じさせてくれるが、このクルマならではの特徴とはいったい何だろう? 実際、ミニとアウディがすでに確立したブランドだとすれば、フォードはいまだ新興勢力に過ぎないのだ。

このクルマにはシートヒーターやナビといった高価なスーパーミニに期待するすべてが揃っているが、その仕上がりや味わいについては、際立って素晴らしく魅力的だとまでは言えない。とくに、そのホイールサイズはスーパーミニとして非難の的になるかも知れない。


さらに、同じような金額でフィエスタSTが購入可能であり、フィエスタに2万ポンド(284万円)以上支払うことに異論がある訳ではないが、個人的にはこのフィエスタに渋々2万ポンドを支払うようなまねはしたくない。

生真面目なアウディとフォードの暴れん坊に続いて登場するのはミニだが、このクルマは3台のなかでもっとも多才で扱い易いモデルに感じられた。その名前だけでなく、特にチリレッドのカラーをまとったこの車両の場合、そのルックスでもミニであることを明確に主張している。

ハイテク好きにはあまり魅力的なモデルには映らないかも知れないが、このクルマのインフォテインメントシステムは、フォードのSYNC3よりもはるかに洗練されており、さらに低いシートポジションも相まって、キャビンの全体的な印象は、フィエスタよりもプレミアムスーパーミニとしての高級感に溢れている。

つまり、魅力的で高級なスーパーミニを創り出すのに、すべてをレザーで包み込む必要などないということだろう。

 
最新初試乗

人気コンテンツ