BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外試乗

2019.01.26

高級小型ハッチ対決 ミニ・クーパー vs アウディA1 vs フォード・フィエスタ トップはやはりあの定番モデル

ミニ・クーパー /アウディA1/フォード・フィエスタ

文・サイモン・デービス 

詰め込んだのは「FUN」

さらに、このクルマのドライビングフィールはミニの魅力をも体現している。フォード同様、ミニのドライビングは活気に溢れ、クイックでレスポンスに優れたステアリング操作でフロントは活き活きと向きを変え、思わずキビキビとした走りで先を急ぎたくなる。

個人的には、このクルマがもっとも運転して楽しく、もっとも長く運転したいスーパーミニだった。

だが、だからと言って、このクルマのすべてが完ぺきだった訳ではない。アウディに比べフロントタイヤのグリップは不安定で、ミニのハンドリングを特徴付ける締め上げられたサスペンションは、市街地でも、ニュー・フォレストのB級路でも、明らかに硬く荒れた乗り心地の原因となっていた。

さらに、オートマティックギアボックスはドライバーとのコミュニケーションの阻害要因となっていたが、それでも、ミニの完勝を妨げるほどではなかった。


今回の3台はそれぞれが興味深く、独自のやり方で高価なスーパーミニのあるべき姿を体現していた。

アウディは落ち着き過ぎているかも知れないが、見事な洗練性を感じさせ、フィエスタは充実した装備と運転が楽しめるモデルではあったが、この3台のなかでは高級感が足りず、どこか居心地の悪さを感じさせた。

ミニはアウディとフォードの特徴を備えつつ、ミニらしい、スタイリッシュで魅力的なスタイリングと、なによりも、そのパッケージに「FUN」を詰め込んだことで、こんにちの成功を手にしているのだ。

もし、マニュアルギアボックスを積んだモデルであれば、さらに大差の勝利になったかもしれない。

 
最新初試乗

人気コンテンツ