回顧録 Dセグ高速クーペ対決 C63 AMG vs BMW M3

2019.01.27

魅力的なインテリア

「どちらもエンジニアがふざけて2サイズは大きなエンジンを積んで、そのうえからボンネットを叩き付けたように見える」とはカメラマンのスタンの意見だが、この2台のルックスは思いのほか異なっている。C63はSLS譲りのシャープなエッジや豊かな曲面で構成されており、デザイナーの努力の跡が見受けられるものの、M3の隣におくと贅肉が付きすぎていて時代遅れな印象だ。

M3はくびれた腰からヒップへと心地良いカーブを描き、ずっとスリムに見える。けれどC63のインテリアは魅力的だ。どっしりと立体的なシートは、見た目と同様に座り心地も素晴らしい。

ダッシュボードにはアルミ加飾、ステアリングホイールにはアルカンターラ張りのグリップ、そしてドライブコンピューターにはAMG専用モードのディスプレイが採用され、M3であれば5500rpmオーバーで疾走しているときでなければ感じられないような高揚感がそこにはある。止まっている状態では、平凡なBMWのインテリアよりメルセデスを選びたい。

シュトゥットガルトの南東40kmほどのところでアウトバーンを降り、森に囲まれた丘陵地帯を目指す。C63がM3に負けず劣らず速いことは、これまでの道程で確認済みだ。いや、M3がパワーバンドに乗ったときと比べてもC63のほうが僅かに速いし、低回転域ではC63の太いトルクがものをいってその差がさらに顕著になる。

 
最新試乗記