海外試乗

2019.01.27

回顧録 Dセグ高速クーペ対決 C63 AMG vs BMW M3

C63 AMGクーペ/BMW M3クーペ

M3の方が楽しめる

タイヤやシャシーの差もある。C63のコンチネンタルはM3のミシュランより明らかにグリップが低い。限界を極めようとする手前までは、シャシーは素晴らしくバランスしており、驚くほどしなやかで頼りになるのだが、最終的な局面でとたんにコントロールが難しくなる。

M3に負けない速さでコーナーを抜けようとトライすれば、C63はひたすらアンダーステアになってしまうのだ。「グレッグも必死に飛ばしているはずだが、彼はわたしより運転を楽しんでいるのではないか?」そんな思いにとらわれながらC63を降り、クルマを交換してすぐに、それがただの思いすごしではなかったことを確信した。

操舵応答感はM3のほうが僅かに曖昧かもしれない。しかし速いスピードでコーナーに飛び込んでも狙ったラインを正確にトレースできるのは、C63にはない美点だ。前輪のグリップも後輪もトラクションも、最高と評するに相応しい。いつでもどんな状況でも、ダイナミックなレスポンスを楽しむことができる。

パワートレインが醸し出す誘惑については前述したが、それに加えてDCTもドライバーを活気づけてくれる。クルマをコントロールしているという充実感、そして湧き出るパフォーマンスと正確なロードホールディング性能。言い換えれば、主観的な魅力と客観的な性能を兼ね備えたのがM3だ。25年前の初代M3もそうだっただろうが、2011年の今も向かうところ敵なしに思える。

 
最新試乗記

人気コンテンツ