[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

回顧録 Dセグ高速クーペ対決 C63 AMG vs BMW M3

2019.01.27

毎日乗るならC63だが

しかしグレッグはどう考えているだろうか? 意見交換のために、クルマを道端に停めると彼はこう述べた。「M3のブレーキはベストではないし、4000rpm以下ではC63より遅い。それにわたしはメルセデスの快適さや実用性が気に入った。毎日クルマに乗る身としてはC63を選びたいね」

公正なコメントだ。過去の記事でも、メルセデスのAMGモデルがBMWのMカーより優れている点として、同様の主張がなされてきた。快適さや実用性を備えたパフォーマンスカーという意味では、わたしの知る限りAMGに迫る競合車はいない。しかし、説得力のあるクルマだと思いながら運転を続けていても、心の奥底では何かが燻りつづけているのである。

両者の差は小さい。きわめて小さいが、C63に軍配を上げることはできない。M3に乗ってロンドンへと戻る900kmは、勝利を祝う道程であった。

BMWが守ってきたパフォーマンスクーペの王座は、今もM3のものだ。そして、エンジンのダウンサイジングという、個人的には喜ばしくないトレンドが広がりつつあるとはいえ、M3の王位は今後も長く続くことになるだろう。

 
最新試乗記