[ABARTH 124 spider]なぜワクワクする?竹岡圭が検証

回顧録 ミドル級ミドシップ対決 ケイマンR vs エヴォーラS 後編

2019.01.28

100字サマリー

トランスミッションやハンドリングの評価の結果、エヴォーラSは素晴らしいハンドリングカーであることがわかりました。ただし、クルマ全体としての素晴らしさではケイマンRに一歩譲るという結論が下りました。

もくじ

トランスミッションの差は歴然
最高のハンドリング
バランスの取れたケイマン
限界域でも満足の挙動
クルマとしての完成度では

トランスミッションの差は歴然

近い将来、ロータスがこのモデルにもツインクラッチを適用してくるはずだと確信はしているが、現時点ではこのトヨタ製マニュアルシフトがクルマの限界になってしまっている。

このトランスミッションは、どう考えても価格1000万円超のスポーツカーにふさわしい代物ではない。単純なロータリーからの脱出加速でも、ケイマンRのドライブトレインのほうがはるかに扱いやすい。

それはロータリーへの進入でも同様である。特に今回のケイマンRにはセラミックコンポジットブレーキが装備されており、141万8000円のオプションだがこれが極上の逸品だった。ペダルフィールは硬めだが信頼感に満ちていて、シフトダウン時に思い切り踏み込みながらのヒール&トゥも不安なく操作できる。

エヴォーラSの鋳鉄ディスクでも耐フェード性はかなり高いが、ペダルの踏みしろの初期に感触に欠けるところがあり、軽いブレーキング時に扱いづらい。ただ、ハードなブレーキングやシフトダウンでは問題なく、スロットルの反応も良好(とはいってもケイマンRに比べたら遅いが)だから、結局のところシフトの問題なのだ。

そのためか、テスト地点に到着した時点でドライビングに満足していたのは、ケイマンRのスタッフたちのほうだった。

 
最新試乗記