回顧録 ミドル級ミドシップ対決 ケイマンR vs エヴォーラS 後編

2019.01.28

最高のハンドリング

とはいえ、ロータスがエヴォーラSのシャシーにかけた魔法を認めないわけにはいかない。彼らのホームグラウンドであるこの地でだけでなくどこを走っても、場所を選ばず見事なパフォーマンスを発揮したのである。

以前、われわれは現在販売されているクルマのなかでエヴォーラSを最高のハンドリングを備えたクルマだと認めた。それでいて乗り心地は数多くのエグゼクティブカーを恥じ入らせるほどだ。

そしてテスト地として選んだアングリア地方のサフォークの道ではエクセレントのひと言である。ここは起伏の激しい場所ではないが、路面は穴やわだちだらけで荒れている。エヴォーラSはそんな道を、あくまでも平然と走り抜けてみせるのだ。

コーナー手前でブレーキングし、前輪に荷重を乗せてターンインを開始したそのあとに、路面が逆キャンバーになっていたり穴が空いていたりしたとしよう。たいていのクルマだったらステアリングが悲鳴を上げるか修正舵を必要とするそんな状況下でも、エヴォーラSは最初に与えた指示を忠実に守り続けてくれる。

ボディ制御は完璧そのものだし、ステアリングは現在の市販車中で最高といっていい。ソリッドな接地感なのに、路面からの不愉快な入力はきれいに濾過してしまうのだ。

 
最新試乗記