回顧録 ミドル級ミドシップ対決 ケイマンR vs エヴォーラS 後編

2019.01.28

バランスの取れたケイマン

これと対等に渡り合えるクルマはめったにない。それは今回の相手だけに限った話ではない。ケイマンについては、普段から乗り慣れているし、このRよりさらにスポーティなモデルも知っているが、それらは当然ながらロータスよりも乗り心地は硬い。

比べるとケイマンRはなかなかバランスがよく、独自の乗り味を構築できている。地上高はケイマンSよりも20mm低く、スプリングもダンパーもより硬めであり、新設計のエアロパックでほかのケイマンよりリフトが大幅に少なくなっている。

したがって、おそらくチューニングと軽量ホイールのせいだろうが、荒れたアスファルトの上ではエヴォーラSよりも挙動が乱れがちだ。だが収束は素早く、ステアリングはより軽くてなめらかで、各部品の静的摩擦力が普通のケイマンよりもずっと少なく感じられる。

エヴォーラSのそれに比べるとわずかながら流麗さに欠けているようにも思われるが、そうだとしても本当にわずかな違いであり、どちらも基本的にはよくできている。路面状況を豊かに伝えてくるフィールに関しては、ケイマンRも遜色ないレベルにあるといっていい。ステアリングホイールのリムが真円形なのも気に入っている。

 
最新試乗記