海外試乗

2019.02.09

回顧録 スモールクーペ対決 ミニ・クーペJCWとライバルたち 前編

ミニ・クーペ・ジョン・クーパー・ワークス/アウディTT/フォルクスワーゲン・シロッコ/マツダ・ロードスター

主役はミニ・クーペJCW

過去の断片を寄せ集めた現在のミニというブランドが製品ラインナップを拡大してきたなかで、このクーペは間違いなく、もっとも皮肉な1台だろう。何しろオリジナル・ミニの精神にはまったくふさわしくない。

かつてのミニはクーパーSでさえ、あえてスポーツカーにはしなかったのに、このミニ・クーペはルーフを風変わりなデザインに変え、後席を取り払って、スポーツカーとして生まれてきたのだ。

インターネットを検索してわかったのだが、いわゆる「正しい」エンスージアストとおぼしき人たちは、ミニ・クーペがあまりお好みではないらしい。しかし、このテストの結果次第では、そんな風評を乗り越えられるかもしれない。BMWは批判を覚悟でこれを売ろうとしているはずだし、ドライブして価格の半分の満足感しか得られないミニもあるが、この新型はどうなのか? そこをこれから検証していこう。

テストに借り出したのは、最上級グレードとなる211psエンジンを搭載したジョン・クーパー・ワークス(JCW)である。何もオプションを選択しない状態での価格は、ハッチバックのJCWより36万円高い426万円だ。

 
最新試乗記