海外試乗

2019.02.09

回顧録 スモールクーペ対決 ミニ・クーペJCWとライバルたち 前編

ミニ・クーペ・ジョン・クーパー・ワークス/アウディTT/フォルクスワーゲン・シロッコ/マツダ・ロードスター

TTやシロッコの際立つ乗り心地

今回の比較テストの4台のなかで、ロンドンから郊外へと向かう荒れた路面でベストな乗り心地だったのは、TTとシロッコの2台だ。ミニ・クーペはそれに次ぐ。

この2台はミニよりもコンプライアンスをたっぷり取ったサスペンションのセッティングで、路面の凹凸をうまく吸収してくれる(両車のタイヤがミニと違ってランフラットではないことも考慮すべきだろう)。また、シロッコの乗り味はTTよりさらに洗練されており、アーバンクルーザーとして最適だ。

ロードスターは? まず感じるのは、もはや少し古びてきたということだ。もともとオープンボディだから仕方ないのだが、ミニではボディ剛性の高さを感じる場面で、ロードスターは弱点をさらけ出してしまう。

格納式ハードットップを開けていても閉じていてもボディのわずかな震えを気づかされるし、ミニより多少は乗り心地がいいとはいえ、そのぶんボディの揺動が大きい。

 
最新試乗記