[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

回顧録 スモールクーペ対決 ミニ・クーペJCWとライバルたち 後編

2019.02.09

100字サマリー

ミニの切れ味鋭い走りは魅力です。しかし、ドライバーズカーとしてはコントローラブルな後輪駆動らしい走りを見せるロードスターがより優れています。また、総合的なパッケージングも考慮するならVWシロッコの勝利という結論に至りました。

もくじ

やや質感の劣るロードスター
パッケージングの優れたシロッコ
切れ味鋭いミニ
コントローラブルなロードスター
すべてを巧みに融合したシロッコ

やや質感の劣るロードスター

ロードスターがミニに(ほかのライバルにも)負けているもうひとつの点はインテリアだ。樹脂パーツの質感は長所とはなり得ないし、デビュー当初から改善されてもいない。シートはフラットだし、前後調節のないステアリングホイールの位置が低すぎて快適に座っていられない。

センタートンネルに押されてフットレストに左足を置きにくい問題もある。また、4台のなかでクルージング時にもっとも騒音が大きいクルマだ。

比べると、ミニ・クーペのキャビンはずっと好印象である。ハッチバックのミニに座ったことがある人なら、このファンキーで賑やかなインテリアデザインはもうお馴染みだろう。ただし、傾斜の強いウィンドシールドとそのトップの低さにより、ハッチより囲まれ感が強くなっている。

室内環境でミニに対抗できるのはアウディTTだけだ。まず、素材の質感ではミニより優れている。それに、ワイドなウィンドスクリーンのおかげで視界が広く、低く座るスポーツカーフィールも味わえる。ミニのシートはやや小さく浅いのに対して、TTのそれは快適でサポート性がよく、ドライビングポジションも素晴らしい。

 
最新試乗記