BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外試乗

2019.02.09

回顧録 スモールクーペ対決 ミニ・クーペJCWとライバルたち 後編

ミニ・クーペ・ジョン・クーパー・ワークス/アウディTT/フォルクスワーゲン・シロッコ/マツダ・ロードスター

切れ味鋭いミニ

残念なことにTTはちょっと違う。コンプライアンスの効いた乗り心地ではあるが、ボディの抑え方はいささかルーズだ。そして、それはまだいいとしても、手応えが曖昧で軽すぎるためにステアリングを切り込んだときの感動がほかの3台より薄く、ブレーキにはサーボが強すぎる印象がある。

エンジンとギアボックスはシロッコと同等に優れているし、0-100km/h加速はTTのほうが速い(シロッコの6.9秒に対して6.1秒)にもかかわらず、不思議なほどドライビングに満足感のないクルマなのである。

そういう不満は、少なくとも路面がよければという条件付きではあるが、ミニにはない。スムーズな路面でのミニは、切れ味鋭く俊敏である。ステアリングはレスポンスがよくて正確だ(アルカンターラ張りのステアリングリムもこの印象に貢献している)。

ギアシフトはシロッコやTTよりもスパッと決まるし、過給圧を上げる「スポーツ」ボタンを押さない限りエンジンは気持ちよく反応してくれるので、0-100km/hは6.2秒と速さ自体はシロッコやTTとほぼ同等ながら、どちらよりも飛ばしたくなれる。そう思って実際にコーナーを攻めても限界付近ではアンダーステアになり、基本的には後輪がコーナリングラインから外れることはない。

 
最新初試乗

人気コンテンツ