海外試乗

2019.02.09

回顧録 スモールクーペ対決 ミニ・クーペJCWとライバルたち 後編

ミニ・クーペ・ジョン・クーパー・ワークス/アウディTT/フォルクスワーゲン・シロッコ/マツダ・ロードスター

コントローラブルなロードスター

一方、英国らしい荒れた路面ではグリップが失われがちになり、コーナリングラインよりボディの挙動が気になってくる。スムーズな路面では楽しさをもたらしてくれたクルマが荒れた路面では一転してフラストレーションの原因になり、ピタリとした安定性が暴れ回るじゃじゃ馬へと変わってしまうのだ。

こうした二面性はじつに残念なところだが、それでもわれわれとしては、総合的にミニ・クーペはTTを凌ぐと評価したい。

ロードスターはどうだろうか? ここまでの評価では、ボタンひとつでルーフを格納できるという明快な個性を持つにもかかわらず、ライバルたちの後塵を拝している。しかし、今回の4台のうちでロードスターだけが持っているセールスポイントは、可動式のハードトップだけではない。その後輪駆動シャシーのコントロールしやすさは、ほかの3台では得られないものだ。

ミニ・クーペでも、コーナーへの進入で注意深くブレーキとステアリングを操れば、後輪の軌跡をコントロールできる余地はある。しかし、ロードスターならそんな小細工なしに、いつだって活気に満ちたコーナリングが可能だ。

next pageすべてを巧みに融合したシロッコ

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ