海外試乗

2019.02.16

回顧録 Dセグ対決 BMW 3シリーズ vs メルセデスCクラス 後編

BMW3シリーズ/メルセデス・ベンツCクラス

編集部より

走らせて見ると、両車の違いがはっきりと見えてきました。重さの目立つCクラスに対し3シリーズはキビキビとした走りを見せます。Dセグメント因縁の対決は、今まで優っていたCクラスに3シリーズが逆転勝利という結論に至りました。

もくじ

路上では明確な違いが
キビキビとした3シリーズ
ステアリングも良好
やや重いCクラス
3シリーズの逆転勝利
番外編:もう一台のライバル、アウディA4は

路上では明確な違いが

ドライビングポジションは、両者ともに申し分ない。対決テストに集められた2台の両方が、身長2mオーバーのドライバーでも快適に乗っていられた例はそう多くはないだろう。とくに全長が4.6mプラスマイナス25mm以内に収まるクルマであれば、皆無といっていいはずだ。

実際には3シリーズのほうが全長はわずかに長く(4624mm対4591mm)、そして後席レッグルームに効いてくるホイールベースも2810mmと、Cクラスの2760mmより長い。もっともどちらのクルマの後席で長時間過ごすにしても、窮屈な思いをすることはまずないだろう。同様にトランクルームも、3シリーズが480ℓ、Cクラスが475ℓと、どちらも十分な容量がある。

そういう近しい2台だが、路上を走らせると明確な違いが出た。そして今回、すがすがしさを感じさせてくれたのは、3シリーズのほうだ。それもかなりの差があった。ただ、驚くべくほどの大差とは思わない。

現時点で判明している材料と車両価格を考慮し、このクラスの標準に照らし合わせれば、双方とも卓越しているのは間違いないのだから、そんな大差などありえない。だが、そこには確かに違いがあった。気がついたのは、コーナリング写真の撮影中であった。

next pageキビキビとした3シリーズ

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ