ミニ・クーパーSE EVミニに初試乗 不変のハンドリング

2019.03.14

ミニらしさは維持

テストトラックで試してみると、複数のギアと官能的なエグゾーストMT仕様のミニに匹敵する楽しさが得られた。

またトラクションコントロールの制御は若干変更されているようだ。ウェット路面でアクセルを踏み込んでみても、一切のホイールスピンやスポットブレーキの兆候を見せることなく鋭い加速が得られた。

これはこのシステムがブレーキ制御ではなく直接モーターのパワーを絞っていることに由来する。発進加速時にもコーナーからの立ち上がり時にもエネルギーの無駄が少ない方法だ。

ひとつ残念だったのは、ステアリングのフィールが乏しい点だ。これは要改善といえる。これを除けば重量増にも関わらずミニらしいハンドリングは保たれている。クーパーSよりも若干贅沢な装備が奢られた上で3万ポンド(441万円)程度の値がつけられ、今年後半に発売されるだろう。

英国での納車は2020年3月に予定されている。これはミニの60周年と重なる年であり、同社初のEVとして注目を集めるだろう。

ミニ・クーパーSEのスペック

価格 2万9000ポンド(427万円)〜3万ポンド(441万円)
全長×全幅×全高
最高速度 153km/h
0-100km/h加速 7.5秒
航続距離 不明
CO2排出量 0g/km
乾燥重量 1350kg
パワートレイン 電動モーター
使用燃料
最高出力 183ps
最大トルク 27.5kg-m
ギアボックス シングルスピード

 
最新試乗記