海外試乗

2019.03.15

2代目レンジローバー・イヴォーク 新型を試乗評価 新アーキテクチャ採用

レンジローバー・イヴォークS P250 Rダイナミック

テスト日 : 2019年3月13日

価格 : 4万1800ポンド(593万円)

文・マット・ソーンダース  

どんな感じ?

プレミアム・トランスバース・アーキテクチャを採用

ドアヒンジや一部の部品は先代のものを受け継いでいるが、大きくアップグレードを受けたパワートレインだけでなく、クルマとしては基本骨格を含めてまったく新しくなった。コードネームL551と呼ばれる2代目のイヴォークは、JLRのプレミアム・トランスバース(横置き)アーキテクチャを採用する初めてのクルマとなる。

このアーキテクチャは、複数の金属を利用することで軽量なだけでなく、電圧48Vによるマイルド・ハイブリッドシステムにも対応している。2020年にはフル・ハイブリッド版イヴォークも発表される予定となっている。しかし、メルセデス・ベンツのEQCやアウディのeトロンなど、間もなく登場する純EVのモデルと比べると、ハイブリッドはかなり控えめな電化だといえる。

イヴォークの最低グレードとなるD150を除いて、すべてのイヴォークにはクラッチベースのトルクベクタリング機能を備えた四輪駆動システムに、9速ATが標準装備される。また設計し直されたインディペンデント・サスペンションがフロントに、マルチリンク・サスペンションがリアに採用されている。今回のテスト車両には搭載されていたが、アダプティブ・ダンパーはオプションとなる。

英国の場合、リリース時に選択できるのは4種類のディーゼルエンジンと3種類のガソリンエンジンの、合わせて7グレード。エントリーグレードとなるディーゼルエンジンの場合、価格は3万2000ポンド(454万円)を切るという。価格だけでなく、二酸化炭素の排出量を気にするドライバーにも向いているグレードだ。

next pageマイルドハイブリッド化で66kg増

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ