海外試乗

2019.03.18

初試乗 最新992型 ポルシェ911カブリオレ・カレラS クーペに迫る

ポルシェ911カブリオレ・カレラS PDK

テスト日 : 2019年3月14日

価格 : 10万2755ポンド(1459万円)

文・ダン・プロッサー  

編集部より

従来モデルより大幅にクーペからの妥協ポイントが少なくなった新しい992型の911カブリオレ。たとえ本気で攻めても、不満のない走りで応えてくれる仕上がりを獲得しています。ギリシア・アテネで最新モデルを試乗しました。

もくじ

どんなクルマ?
ハードトップのようなソフトトップ
オープン化とのトレードオフは70kg
どんな感じ?
クーペと大きな遜色のない剛性感
魅力を引き出すには、少しの本気が必要
まるでミドシップのような身のこなし
「買い」か?
積極的に選択したくなるカブリオレ
スペック
ポルシェ911カブリオレ・カレラS PDKのスペック

どんなクルマ?

ハードトップのようなソフトトップ

巷では、新しい992型のポルシェ911クーペのデリパリーが始まっているところだが、ポルシェはルーフの開くカブリオレを発表した。当面は911カブリオレで選択できるグレードはカレラSのみで、トランスミッションはデュアルクラッチATのPDKとなるが、駆動方式は後輪駆動か4輪駆動かを選べることはできる。追って、ややパワーで劣る素のカレラもリリースされ、オプションでマニュアル・トランスミッションも選択できるようになるだろう。

2/3がアルミニウム製となったボディ構造をはじめとして、リアトレッドの数値、魅力を増したエクステリアデザインなどは、クーペモデルと同様に刷新されており、後輪駆動か4輪駆動かを問わず、フロントトレッドは46mm先代より広げられている。加えてカブリオレの場合は、更に多くの変更が先代モデルから加えられている。

例えばカンバス製のソフトトップには、金属製の弓なりの構造材が入り、たとえ300km/hで走行していても形状が保たれるように設計されている。どんな強風でもソフトトップが吹き飛ぶのを防いでいるだけでなく、カブリオレでもクーペのような美しいルーフラインを再現している。電動式のソフトトップが開閉に要する時間は12秒で、50km/hまでなら走行していても作動する。

next pageオープン化とのトレードオフは70kg

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ