試乗 新型BMW Z4 sドライブ20iスポーツ ハンドリングは要改善

2019.03.21

どんな感じ?

十分な室内空間

普段使いもできる2シーターのオープンを探すとしたら、このクルマ以上に最適な選択肢があるだろうか。

ハードトップをやめたことにより、荷室容量も拡大され大きめのダッフル・バッグが3つ入るようになった。そしてMスポーツ・シートとリアのバルクヘッドにも十分なスペースがある。前席の物置は少なく、カップホルダーはアームレスト内にぎこちなく設置されている。

とはいえその室内空間は十分に確保されているし、このクラスでカップホルダーが実用性を犠牲にすることなくきちんととりつけられているのはポルシェくらいのものだろう。

インテリアは良くできている。そしてこのクルマが純粋なスポーツカーというよりもグランドツアラー志向であることがわかる。ダッシュボードとデジタル化されたメーターパネル類との一体感はもう一歩ともいえるが、総合的には整理され、その質感もアウディTTに対抗できるものだ。

 
最新試乗記