海外試乗

2019.03.29

試乗 アウディR8 V10 孤高の大排気量NAエンジン ハンドリングで及ばず

アウディR8 V10クーペ

テスト日 : 2019年3月22日

価格 : 12万8200ポンド(1820万円)

文・マット・ソーンダース  

ドライバーズカーとしては物足りない

標準のR8の乗り心地は想像以上に滑らかでしなやか。タイヤはアスファルトをしっかりと掴み続け、英国の一般道でも、深く考えることなく570psを解き放つ自信を与えてくれる。減衰力や収縮・伸長時の気難しさや突っ張るところもなく、実際の路面状況と、走行中の身のこなしの差が不思議にすら思える。

一方で、同クラスのライバルモデルと比較すると、高速コーナーを抜けるときなどではクルマの重さと柔らかさを実感する。ボディのコントロール性はとても優れているものの、横方向のロールは完全に抑制されているわけでもないし、エンジンの重量を包み隠せているわけでもない。ドライバーの後ろの高い位置に、重たいエンジンが搭載されていることが、伝わってきてしまう。

つまり、ミドシップのクルマに期待する、鋭くエイペックスを縫ってカーブを回転していくような走りが、R8の場合は得意とはいいにくい。ハンドリングのレスポンスは悪いわけではないし、スロットルを踏み込んだときのトラクションや安定性も、不安を感じる要素はない。それでも活気に溢れているわけでもないし、ハンドリングの面白みも際立つほどでもないのだ。

クワトロならではのパーフェクトバランスと限界領域でのスタビリティの高さなど、ドライバーへのアピール力は高く、購買意欲を掻き立てる説得力も充分にある。同等のパワーを持つ後輪駆動のライバルとは異なり、4輪駆動なら高速域でのドライブも容易で、V10エンジンのパワーを、時と場所を選ばず、ドライバーの意思で引き出すことができる。しかし、ハンドリングの味わいやドライバーとの対話という面では、トップレベルのドライバーズカーとはいえないことは事実でもある。

next pageクワトロならではの説得力はあるけれど

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ