ルノー・メガーヌRS 300トロフィー 英国試乗 選ぶべきはカップシャシー仕様?

2019.04.02

「買い」か?

カップシャシー仕様で十分

メガーヌRS 300トロフィーは、エキサイティングな本物のホットハッチと呼べる存在だが、カップシャシー仕様のスタンダードモデルであってもそれは変わらない。さらに、サーキットで交互に乗り比べでもしない限り、トロフィーの軽量化の効果を感じることは難しく、それは強化されたパフォーマンスについても言える。


もちろん、メガーヌのトップに君臨するトロフィーが人気を集めるのは当然かも知れない。それでも、トロフィーとカップシャシー仕様のスタンダードなメガーヌ280 RSとの下取り価格の差が、それほど大きくはならないだろうことは付け加えておこう。

すべてを考慮したうえで、われわれの出した結論は、選ぶべきはカップシャシー仕様のスタンダードモデルというものだ。節約した2500ポンド(36万円)で、その分サーキット走行を楽しんでいただきたい。

ルノー・メガーヌRS 300トロフィーのスペック

価格 3万1835ポンド(464万円)
全長×全幅×全高
最高速度 261km/h
0-100km/h加速 5.7秒
燃費 12.2km/ℓ(WLTP複合)
CO2排出量 未公表
乾燥重量 1419kg
パワートレイン 1798cc 4気筒ターボ
使用燃料 ガソリン
最高出力 300ps/6000rpm
最大トルク 40.8kg-m/3200rpm
ギアボックス 6速マニュアル

 
最新試乗記