試乗記

2019.04.07

新型911カレラ4S vs ロータス・エヴォーラGT410スポーツ vs アウディR8 V10 比較試乗

新型911カレラ4S/ロータス・エヴォーラGT410スポーツ/アウディR8 V10

文・マット・ソーンダース 

見事なキャビン

一方のロータスだが、そのアルミニウム製タブとリア駆動というレイアウトによって、ポルシェよりも200kg以上軽く、全高も100mm近く低い。アクティブアンチロールバーや四輪操舵システムなどは持たないが、そんなものが不要であることは、エヴォーラを運転してみればよく分かるだろう。911とはまったくタイプの違うクルマなのだ。

歴代の911は、極めてシンプルでビジネスライクなキャビンが特徴であり、多くにとってはそれが魅力でもあったことを考えれば、新型911が、そのデザインや素材、インテリアに使用されているテクノロジーといった点で、R8と互角の勝負ができるとは思わないだろう。確かに、実際にこのクルマのキャビンへと乗り込むまでは、それは正しい考えかも知れない。

だが、992のキャビンは先代モデルよりも大幅に高級感を増しており、ドライバーの眼前には、まるで大きく翼を広げた翼のような、彫刻的で精巧な仕立てのダッシュボードが広がり、見事なルックスを持つセンターコンソールがトランスミッショントンネルを覆っている。


メタリックとグロスブラック仕上げが上手く配置され、高級でソリッドな操作感を持つスイッチ類には、滑り止めとして見事な金属加工が施されており、低くタイトなものの、快適で完ぺきなサポートを見せるドライビングポジションも素晴らしい。

さらに、アナログとデジタルをうまく融合させたインストゥルメントとインフォテインメントシステムは、最高の出来栄えと言えるだろう。ドライバー正面には依然としてアナログ式タコメーターが収まる一方で、その両側に設置されたスクリーンではさまざまな表示設定を行うことが可能だ。

PCMセントラルインフォテインメントスクリーンのサイズは横長10.9インチにまで拡大され、驚くほど自然にダッシュボードに設置されているが、ちょうど影になる位置であり、太陽光の反射も気にならない。その操作はタッチスクリーンでも、ロータリー式ダイアルからでも行うことができる。

 
最新試乗記