BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外初試乗

2019.04.07

新型911カレラ4S vs ロータス・エヴォーラGT410スポーツ vs アウディR8 V10 比較試乗

新型911カレラ4S/ロータス・エヴォーラGT410スポーツ/アウディR8 V10

文・マット・ソーンダース 

10年分の変化

992のインテリアは、非常にモダンでハッキリと高級スポーツカーの領域へと足を踏み入れており、多くの点でアウディさえも上回っている。

R8のキャビンでは、より多くのレザーとサテンクローム仕上げを目にすることができるが、快適性という点では十分ではなく、使い勝手や、全方位の視界にも不満が残るとともに、新型911ほどのソリッドさや高級感を感じさせてはくれない。さらに、アウディのバーチャルコックピットのインストゥルメントはさまざまな設定が可能で、視認性にも優れるが、必要な情報を相応しい場所には表示してくれないのだ。

路上ではコンパクトに感じるそのボディサイズと、長距離移動の快適性によって、新型992は簡単に最初のテストをパスしてみせた。R8を上回る居心地の良さを感じさせ、取り廻しもはるかに容易だ。

では、ドライバーアピールに関する次のテストはどうだろう? これは厳しい戦いになるだろう。ヘーゼルからエヴォーラを呼び寄せた瞬間から、この10年選手のロータスが、真のハンドリング性能を新型911に見せつけることで、もしかしたら、ポルシェは失望を味わうことになるかも知れないと考えていた。


だが、GT410スポーツは、10年前に深く心酔したエヴォーラとはもはやまったく違うクルマだ。この最新のエヴォーラは、2009年のハンドリングデーに突如として登場し、アストン マーティンV12ヴァンテージや997世代のポルシェ911 GT3、ランボルギーニ・ムルシエラゴといったライバルたちを完膚なきまでに叩きのめした時ほどの、熟成やしなやかさ、本能的な落ち着きを感じさせてはくれない。

その後の10年で、エヴォーラはより過激で、断固たるモデルへと変貌を遂げているが、それでも、このクルマと一体になりさえすれば、ドライバーはその素晴らしさを味わうことはできるのだ。この10年でエヴォーラが得たものと失ったものとを受け入れる準備ができていれば、このクルマはアウディR8よりも、さらには、わずかながらもポルシェ911カレラ4Sをも凌ぐ、ドライバーアピールを感じさせてくれる。

もちろん911に比べれば、最初はエヴォーラのほうがより多くの緊張を感じさせ、ドライバーの忍耐力を試そうする。エヴォーラは乗り込むのにも苦労し、さらに、キャビンからの視界は限定されており、クルマとの一体感を感じるにも多くの努力が必要となる。

 
最新初試乗

人気コンテンツ