BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

国内試乗

2019.04.10

試乗 トヨタRAV4新型(日本仕様) ガソリン/ハイブリッドを公道・ラフロードで評価

トヨタRAV4アドベンチャー/ハイブリッドG

テスト日 : 2019年4月2日

価格 : 313万7400円/381万7800円

文・佐野弘宗 撮影・前田惠介 

試乗 アドベンチャー/ハイブリッドG

2.0ℓの試乗車は新開発のダイナミックトルクベクタリングAWDを搭載する “アドベンチャー” だったが、基本的な身のこなしはフラットな姿勢をキープするモダンなものだ。

動力性能に対して明らかに余裕のあるシャシー性能もあって、その操縦性は小気味いい。個人的にはもう少し自然な荷重移動によるクリアな接地感が演出できればベター……とも思ったが、舗装された山坂道でもそれなりにスポーティに走りたい向きは、この軽快な操縦性に好感をもつだろう。

もう1台用意された試乗車は最上級の “ハイブリッドG” で、動力性能は2.0ℓより明らかに強力だが、操縦性は実ウエイト(はアドベンチャーの60kg増)以上に重ったるく感じられたのは残念。

乗り心地も市街地や都市高速では柔らかくて快適だろうと想像されるが、ワインディングではすべての反応がアドベンチャーよりワンテンポ遅れるようなクセが感じられた。

 
最新初試乗

人気コンテンツ