BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外試乗

2019.04.10

試乗 メルセデス-AMG GT Rプロ ニュルのタイム7秒カット 限定750台

メルセデス-AMG GT Rプロ

テスト日 : 2019年4月7日

価格 : 18万8345ポンド(2731万円)

文・ダン・プロッサー 

どんな感じ?

ひたすら正確に瞬時に反応する

サーキットでは、引き締まり、鋭く、俊敏な身のこなしで、望外に優れたボディコントロールを披露する。妥協がないまでに尖ったシャシーセッティングだが、平滑とはいえない一般の高速道路でどのような乗り心地を示すのか、今のところわれわれにはわからない。このクルマは公道での走行も可能だが、今回テストしたのは、フラットでスムーズなホッケンハイムのグランプリサーキットに限られていたのだから。

通常のGT Rは、一般道では非常に硬い乗り心地でありながら、サーキットでは逆にどこかボディコントロールがルーズで、思いっきり走らせられる仕上がりではない。しかし今回のGT Rプロの場合、ホームグラウンドはサーキット。評価すべき走りのフォーカスもサーキットに合わされている。

コーナリング時に、外側のタイヤへ荷重が移りグリップが増大していくのがつかめる程度に、僅かなボディロールを示すが、基本的にGT Rプロはサーキットのアスファルトに貼り付いてる。コーナーでステアリングを切り込むと、まるで路面に切られた溝にフロントタイヤが落ち込んだように食いつき、コーナーを回り込んでいく。

思い切った操作でも、クルマが暴れるような素振りはなく、ひたすら正確に瞬時に反応するだけだ。ステアリングホイールの操作感は軽く直感的。ブレーキはハイスピードでサーキットを4周走らせても、フェードの兆候は示さない。

GT Rで不利な点なのが比較的大きなボディサイズで、フロントタイヤはドライバーから随分先に付いているように感じられ、クルマの鼻先は遥か彼方に思える。全幅も広く、クルマのサイズ感を身体に馴染ませるにはそれなりの習熟が必要になるだろう。それに軽量化をしたといっても、GT Rプロの車重は1575kgもあるから、トラックデイのサーキットマシンとしては軽量な部類とはいい難い。

 
最新初試乗

人気コンテンツ