海外試乗

2019.04.11

ホンダHR-Vスポーツ 英国の評価は 楽しめる走り/価格は高すぎか

ホンダHR-Vスポーツ

編集部より

ホンダが小型SUVのHR-Vに新たに設定したスポーツグレードに試乗しました。シビックゆずりの高性能エンジンに専用サスペンションを組み合わせた走りは高評価が与えられています。しかし、セグメントに対して価格がやや高すぎることが総合評価に響いています。

もくじ

どんなクルマ?
シビックゆずりの1.5ℓターボを搭載

どんな感じ?
シャシーのみをチューン
ハンドリングが改善

「買い」か?
価格が高すぎる
上位セグメントに勝てない

スペック
ホンダHR-V 1.5VTECスポーツのスペック

どんなクルマ?

シビックゆずりの1.5ℓターボを搭載

ホンダのスポーツ志向グレードのラインナップを増強すべく、シビック・スポーツやジャズ・スポーツなどが投入されたのに引き継き、こんどはHR-Vにもスポーツが設定された。

ホンダがHR-Vにモデルライフ中盤のブラッシュアップを加えてからさほど時間がたたないうちに、最上位のスポーツを投入してきたのだ。しかしホンダは他のメーカーよりもこのスポーツというグレードに重きを置いており、この名称に見合うようなパフォーマンス面のアップグレードを加えているようだ。

その手法は簡単だ。すでによく走るHR-Vに、シビック・スポーツ譲りの182psを発揮する1.5ℓ4気筒ターボをボンネットに収めている。これにより、ホンダのSUVの中で最速という立ち位置を確保したのだ。

ただし、単に高性能なエンジンを搭載しただけではない。このスポーツにはシナプティック・ダンピング・コントロールと呼ばれる高減衰ダンパーが装着され、乗り心地を犠牲にすることなく高いボディコントロール性を実現している。可変レシオのステアリングも変更されたほか、遮音材なども改良されているという。

next page好ましいパフォーマンス

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ