海外試乗

2019.04.11

ホンダHR-Vスポーツ 英国の評価は 楽しめる走り/価格は高すぎか

ホンダHR-Vスポーツ

ハンドリングが改善

スポーツにはサウンドジェネレータも装着されており、やや大きめなサウンドが楽しめる。同様のシステムには不自然なものも多いが、ホンダのそれは大げさすぎることもなく自然な音色を発するのだ。遮音材の追加によりロードノイズが低減されているということも大きい。

スタンダードなHR-Vが持つよくしつけられたニュートラルなハンドリング特性をさらに改善しているとはいえ、ホットハッチに対抗する類のクルマではない。しかし、ステアリングの手応えが自然になり、グリップレベルが向上したことにより積極的なターンインが楽しめるようになった。

ダンパーは引き締められ、時折硬い乗り心地を示すこともあるが、段差を越える際の衝撃も十分に許容範囲内だ。このクルマの主戦場はB級路よりも街乗りであることを考えれば、適切な判断だろう。

HR-Vの特徴でもある、質感高くユーザーフレンドリーなインテリアに組み合わされる標準以下のインフォテインメントシステムはそのままだ。車内は広く、まずまずの荷室とホンダのトレードマークともなったリアの「マジック」シートベルトも装備されている。

 
最新試乗記