カーレビュー

2019.04.13

ロードテスト ベントレー・コンチネンタルGT ★★★★★★★★★☆

ベントレー・コンチネンタルGT W12ファーストエディション

テスト日 : 2018年5月2日

価格 : 19万1500ポンド(約2873万円)

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 走り ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

内装 ★★★★★★★★★★

これこそ、コンチネンタルGTの高級品としてのアイデンティティのありかで、同じジャンルにある多くのライバルに対してさえ違いを見せつける部分だ。コクピットは、多彩な質感に織り成されている。ウッドパネルやクローム、分厚いカーペットやレザーに囲まれた空間はクラシックなムード。年代物の応接室のようなそこにアバンギャルドなデザインを求めるなら、その願いは叶えられないかもしれない。だが、革新性へのこだわりを捨てられないひとびとの疑念さえ薄れさせる、豪華絢爛ぶりと本物の素材が放つ魅力とを侮ってはいけない。

計器盤は先代のアナログメーターに代わり、調整可能なフルデジタルとなったが、アウディのバーチャルコックピットのように上々の作動ぶりを見せる。中央にインフォテイメントやナビゲーションの情報を表示するディスプレイを挟んだフルサイズのアナログメーターを投影したり、回転計や水温計の代わりにサブディスプレイを表示したりすることが可能だ。

その隣には、新型マルチメディアシステム用に12.3インチのタッチ操作式ディスプレイが埋め込まれる。グラフィックは素晴らしく洗練され、操作性も向上した。しかし、もしもナビゲーションシステムなどに邪魔されずドライブを楽しみたいなら、画面を裏返して収納することができ、そこには温度計やコンパスといったアナログメーターが現れる。

乗員を快適にすることが、ベントレーにとってプライオリティが高いのは当然だが、新型コンチネンタルはこの点で最高に優れている。極上のレザーを用いた20ウェイのフロントシートは、ヒーターとクーラー、マッサージ機能を内蔵。スポーツクーペの基準からすればやや高い位置にセットされるが、全方位の良好な視認性を生む。また、十分なクッション性を持ち、長く乗っても時間を感じさせない座り心地のよさがある。

後席は、やはり体格のいい大人にとっては窮屈な空間であることに変わりはない。それでも、ティーンエイジャーくらいまでにとってなら上々の広さだし、チャイルドシートを据えるにも不足はない。2+2に求められるものは満たしている。荷室は、大きなスーツケースと旅行バッグをふたつずつ積むのに十分なほど広い。

それでも、このクルマをライバルたちと差別化しているのは、ベントレーのマテリアルのリッチさだ。ポリッシュ仕上げのメタルトリムや、ゴージャスなウッドパネルなどである。なかでも、手触り面のハイライトといえるのが、スイッチの側面に施されたダイヤモンドカットである。

 
最新試乗記