BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

カーレビュー

2019.04.13

ロードテスト ベントレー・コンチネンタルGT ★★★★★★★★★☆

ベントレー・コンチネンタルGT W12ファーストエディション

テスト日 : 2018年5月2日

価格 : 19万1500ポンド(約2873万円)

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

使い勝手 ★★★★★★★★★☆

イグニッションボタンを押すと、ウッドパネルの張られたダッシュボードの中央が回転して、12.3インチの超高精細を謳うMMIディスプレイが出現する。これは、ベントレー史上最大サイズのタッチ操作式ディスプレイだとか。これでナビゲーションやデジタルラジオ、車両のセッティングやスマートフォンとの接続など数多くの機能を操作する。グラフィックは鮮明で見やすく、メニューの切り換えは滑らかでレスポンスもいい。

伝統的なアナログメーターは、多機能デジタルディスプレイへと置き換えられた。ここにはナビゲーションの情報や、赤外線ナイトヴィジョンカメラのリアルタイム動画をはじめ、さまざまな画像を投影できる。

テスト車にはまた、ネイム・フォー・ベントレーこと最上級機種のプレミアム・オーディオシステムが装備されていた。6500ポンド(約98万円)と高額なオプションだが、リッチで朗々たるサウンドが楽しめる。一考に値するアイテムだ。

視界


ベリーグッド。着座位置は一般的なクーペより高めで、前方の見晴らしがよい。そのうえ、ピラーレス構造なので肩越しの視界もクリアだ。

燈火類


自動LEDマトリックスヘッドライトは、広大な前方視界を提供してくれる。ナイトヴィジョンとして機能する赤外線カメラの映像は、メーターパネル上に投影できる。

ステアリングとペダル


ペダル配置は申し分ない。ステアリングコラムも位置はバッチリなのだが、脚の長いドライバーならテレスコピックの伸びがもう少し欲しいはずだ。

 
最新初試乗

人気コンテンツ