BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外初試乗

2019.04.14

スーパーGT対決 ポルシェ・パナメーラ vs メルセデス-AMG GT 真のオールラウンダーは

ポルシェ・パナメーラ/メルセデス-AMG GT

文・アンドリュー・フランケル 

パッケージはポルシェ

水平方向に広がるTFT液晶には、ドライバーを驚かせるほどの大量の情報が表示されるが、はじめはマニュアルが必要になるかも知れず、ボタンやスイッチに比べ、簡単な操作にも2倍の時間が必要となるものの、一旦使い方を覚えてしまえば、あとは直感的な操作が可能だ。

それでも、より豪華に感じるのはAMGの方でもあり、ポルシェと同じく、想定よりも多くの機能が盛り込まれているように感じさせるが、そのインテリアはより整然としている(思わず見事なタービン形状をしたエアベントに目が行くだろう)。

パナメーラよりも硬めのシートにやや高く腰掛けると、ドライバーの眼前に広がるのは、やはり横方向にストレッチされたスクリーンであり、ポルシェよりも魅力的で、さらに多彩な設定が可能だが、ダイヤルではなく、タッチパッドで操作する場合には、扱い辛さを感じた。

スクリーンに表示することのできる膨大な情報量は、間違いなくこのクルマのオーナーが求める以上のものであり、ハイテクへの反抗心を発揮しようと思えば、どちらのモデルでもそのための機会には事欠かない。


後席に関してはポルシェの圧勝だ。パナメーラの後席レッグルームとヘッドルームが、大型エグゼクティブサルーンになんら引けをとるものではないことを証明するため、BMW M5とともに連れ出したことがあるが、身長180cm級の大人4人が十分に寛いだまま、どこまでも行くことができた。

AMG GTも、決して窮屈という訳ではないが、その後席スペースは4ドアクーペと聞いて想像されるとおりのものであり、すべての面でパナメーラの後塵を拝している。もし、前席パッセンジャーが目いっぱいシートポジションを低く設定した場合、後席の住人がその足を前席シート下に潜り込ませるのは至難の業だろう。

そのボディスタイルが示しているとおり、トランク容量もポルシェのほうが優勢だったが、それでもその差は思ったほどではなく、パナメーラの520ℓに対して、AMG GTは460ℓというものだった。

 
最新初試乗

人気コンテンツ