海外試乗

2019.04.15

試乗 ジャガーXE P300 R-ダイナミック 2020年トップグレードは2.0ℓ4気筒ターボ

ジャガーXE P300 R-ダイナミックS

どんな感じ?

引け目を感じないインテリア

フェイスリフトを受けたXEの車内は、ソフトタッチな素材が使われている部分が増え、ウッドパネルも上等なものになり、センターコンソールやステアリングホイールのデザインも新しくなった。オプションとはなるものの、ジャガーiペースやレンジローバー・ヴェラール、イヴォークなどに採用されているものに似た、タッチプロ・デュオと呼ばれるインフォテインメント・システムのモニターも、ダッシュボードにレイアウトできるようになった。


これらが組み合わさって、車内の雰囲気は大きく生まれ変わっており、テクノロジーの面での洗練性とラグジュアリーさを上質に表現できている。このクラスをリードするドイツ勢のインテリアと、大きな引け目を感じることもなくなったと思う。


従来のXEの車内は、安価な素材感に悩まされてきたし、アルミニウム製のシフトパドルや金属質なコラムレバー、Fタイプに使われているようなシフトノブなど、分かりやすい装備も採用されていなかった。正直、アウディA4やメルセデス・ベンツCクラスなど、インテリアの質感で秀でたクルマと並ぶことは難しかったし、アルファ・ロメオ・ジュリアとも異なる雰囲気で、安っぽい印象は拭えなかった。しかし、それが様変わりしたのだ。


また、横方向の余裕が生まれるようにドア内張りのデザインも新しくなり、身長にもよるが、肘周りや膝周りが窮屈に感じることはなくなっている。フェイスリフト前は、もう少し広ければ、と思っていたひとも少なくないだろう。ただし、前席のヘッドルームはやや不足気味なままだし、後席は小柄な大人か子供でない限り、心地良くは感じられないことにも変わりはないけれど。

next page2.0ℓの4気筒ターボがトップグレードに

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ