国内試乗

2019.04.22

試乗 日産デイズ新型(プロパイロット) N-BOX超えの評価も ターボ/NA/内装

日産デイズ・ハイウェイスターGターボ・プロパイロットエディション/Xプロパイロットエディション

テスト日 : 2019年4月18日

価格 : 164万7000円/156万7080円

文・川島茂夫 撮影・前田惠介 

デイズのプロパイロットを試す

動力性能にしてもフットワークにしても登録車からのダウンサイジングをかなり意識した、つまり軽量小型小排気量のハンデを極力感じさせないような特性と言える。

この感覚はプロパイロット(ek系ではマイパイロット)との相乗効果でダウンサイジング意欲をさらに刺激する。

ACCは渋滞追従機能付きの全車速型。LKAは車線内に留まるだけでなく、車線方向への補正操舵も行う走行軌跡制御型。ともに運転支援では先進的機能であり、高速長距離走行での運転疲労軽減にも効果的である。

加えてプロパイロットも進化しているようで、速度制御も補正操舵も穏やかであり、前走車追従も車線維持も自然な印象。また、停車時にセット可能なのも魅力。渋滞に引っ掛かってから渋滞追従モードに入れるのはACCの有り難みも倍増だ。

先駆となったN-BOXよりも実用的であり、未だ採用車の少ない1~1.5ℓクラスから選ぶよりはプロパイロット装備のデイズという気持ちになってもおかしくない。

 
最新試乗記