海外試乗

2019.04.24

試乗 BMW X7 xドライブ30d 英国で評価 インテリアは上質 X5に近い組成

BMW X7 xドライブ30d Mスポーツ

テスト日 : 2019年4月13日

価格 : 7万2630ポンド(1053万円)

文・サイモン・デイビス  

悪路走破性はレンジローバー級?

コンフォートモード時の乗り心地は快適でありながら、サスペンションが柔らかすぎるということはなく、路面のコブなどを越えたときでもフワつくような、浮いた印象はない。オプションとなる22インチホイールの場合はわからないが、少なくとも21インチホイールを履いている限り、ゴツゴツとした路面からの感触も上手に遮っている。スポーツモードにすると足回りも引き締まるが、この巨体だから、機敏になるというわけでもない。


搭載される3.0ℓの直列6気筒ディーゼルは、X7を圧倒的なスピードで走らせるわけではないにしろ、不満のない速度で大きなボディを動かすのには充分なトルクを湧出する。パワートレイン全体も動きは非常にスムーズで、必要に応じて8段のギアを巧みに使い分けるが、変速はもとてもシームレスに完了する。


恐らくX7のオーナーの殆どはオフロード走行をすることはなく、せいぜい低い歩道の縁石を乗り上げて駐車するときくらいが、オフロード風な場面だろう。しかし、その走破性は折り紙付きといって良さそうだ。今回の試乗車にはデフロック機構と、オフロードパッケージが装備されていたが、普通のサマータイヤであったのにも関わらず、かなり条件の厳しい悪路でも切り抜けることができた。


どこまで本当かはわからないものの、今回オフロードを走行した時に付いたコースガイドが、レンジローバーと遜色なく、オフロードコースを走破することとができたと話していた。頻繁にオフロードコースを走っているひとの言葉だから、信じても良いのかもしれない。

 
最新試乗記

人気コンテンツ