国内試乗

2019.04.27

三菱ekワゴンは日常使いのなめらか2WD、ekクロスは個性的なキビキビ4WD

三菱ekワゴン/三菱ekクロス

テスト日 : 2019年4月18日

文・スーザン史子 撮影・佐藤正勝 

編集部より

日常的な使い勝手やコストパフォーマンスに優れるekワゴン、個性的なルックスに加速性に優れるekクロス・ターボ・ハイブリッド、同じくekクロスNAハイブリッドの3台を比較試乗しました。軽の次期ベンチマークを目指す三菱の2モデル3台の特徴を解説します。

もくじ

どんなクルマ?
日産が開発を主導し三菱が製造

どんな感じ?
居住性や安全性の向上と充実した装備
しっとりなめらかな2WDとハリとコシの4WD

「買い」か?
使い勝手のekワゴンと個性のekクロス

スペック
三菱ekワゴン/ekクロスのスペック

どんなクルマ?

日産が開発を主導し三菱が製造

三菱のハイトワゴンが6年ぶりにフルモデルチェンジ。先代同様、日産との合弁会社であるNMKVを通じての共同開発だが、先代では三菱が開発・生産を担ってきたのに対し、新型では日産に開発の主導権が移ったという点で大きな違いがある。つまり、新型は日産が作った初めての軽であり、三菱はその生産と自社モデルのデザインを担当したというわけだ。

今回、三菱から登場したのは、標準モデルの「ekワゴン」と、SUVテイストのクロスオーバー車「ekクロス」の2モデル。とりわけ、新型車となるekクロスのフロントマスクには軽で初めて「ダイナミックシールド」を採用、三菱車らしいタフな顔立ちとしている。

パワートレインにはekワゴン/ekクロスともに、新開発のエンジンとCVTを採用。後者はハイブリッド車のみの設定で、ターボ・ハイブリッドとハイブリッドの2タイプが用意される。また、両モデルともに、2WDと4WDの設定があるが、4WDには同社こだわりのフルタイム4WDを搭載することで、三菱らしさをしっかりと打ち出している。

 
最新試乗記