BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

国内試乗

2019.04.28

国内試乗 ボルボV60CC、中身も本格派 新生代ボルボは時流の中心

ボルボV60クロスカントリーT5 AWD

テスト日 : 2019年4月11日

文・吉田拓生 撮影・花村英典 

最低限の変更で最適なSUV化

SUV全盛の近年は大き目のタイヤとそれを強調する黒いフェンダーリップによってSUVであることを主張しつつ、実際の全高をあまり高めないスタイルが一般的だ。SUVらしい存在感は欲しいが実際にオフロード走行するわけではないし、背の高いSUVでさらに最低地上高も高いとなると乗り降りに苦労することもあるからだろう。

だが一般的なエステートモデルよりいくぶん全高が低く見えるV60を65mmリフトアップさせたV60CCは、本格的なSUVを装ったライバルたちでも容易に達成できない210mmという最低地上高によって乗降性の良さも獲得していることを強調しておきたい。

一方、車両全体を観察してみると、変えなくていい部分は極力V60のそのままを残しており、ここでも下手にSUV風を装うことがないボルボのスタンスが見て取れる。インテリアはほぼV60そのままだし、外装も専用のグリルやフェンダーエクステンション、ルーフレールといった最低限のお化粧直しによってCC化されている。今まさに勢いづいている新世代ボルボなので、人気のV60の意匠を色濃く受け継ぐのは当然の判断といえるだろう。

 
最新初試乗

人気コンテンツ