新型プジョー508 GTライン(日本仕様)試乗 内装/サイズ/価格を評価

2019.05.03

どんな感じ?

内装/エンジンは?

乗り込んで目に付くのはメーターレイアウト。クラスターで覆ったデザインは一見オーソドックスに思えるかもしれないが、輪外配置(アウトホイールメーター)を採用している。

体格やドラポジによる視認性の干渉がほとんどなく、運転視線からの移動が少なく個人的には好きなのだが、「メーターはステアリングの先にあってこそ」と考えるドライバーには気になるかもしれない。

デザインのアクセントにもなる鍵盤みたいなスイッチやコマンダー的なセレクターレバーなど現代的な機能感を盛り込んだインパネデザインも合わせて考えれば、このメーターのレイアウトとデザインは相性良く思える。

デザインも今風ならばハードウェアも最新仕様である。GTラインには1.6ℓのダウンサイジングターボが搭載され、8速ATが組み合わせられている。ちなみに5008にも1.6ℓターボが採用されるが、最高出力/最大トルクともに508を下回り、ミッションも6速型である。

サスペンションも注目に値する。電子制御可変ダンパー(アクティブサスペンション)の採用は珍しくないが、全車標準というのがポイント。つまり、ベーシックグレードとなるアリュールも装着タイヤ以外の走行ハードウェアはGTラインと共通であり、日本向けのラインナップには性能面の普及仕様がない。

と前振りすると高性能と操る醍醐味に溢れた走りを期待されそうだが、刺激を抑えた「大人味」が508であり、プジョーのフラッグシップモデルらしさでもある。

 
最新試乗記