国内試乗

2019.05.05

ジャガー Fペース 300ps版の30t Rスポーツ、直4最強のパワーユニット

ジャガー Fペース 30t Rスポーツ AWD

価格 : 819万円

文・吉田拓生 撮影・神村 聖 

編集部より

ジャガーFペースの30tRスポーツは、ジャガー・ランドローバーのメインユニットと言えるインジニウム・ターボ・エンジンのガソリン2ℓ版を搭載する、直列4気筒最強の300psを発揮します。そのエンジンフィールは、意外にも理性的で軽快なものとなっています。

もくじ

どんなクルマ?
グレード名の由来は排気量に非ず
最強の4気筒は簡易的か?

どんな感じ?
トルクとパワーの競演
300ps版のスペシャルな内容
30tならライバルと戦える

「買い」か?
ベストバイのFペースは?

どんなクルマ?

グレード名の由来は排気量に非ず

クルマ好きは車名の中に30という数字を見つけると無条件で6気筒エンジンを想像してしまうものだ。けれどBMWやメルセデスを例に挙げるまでもなく、近年は車名から諸々のスペックを想像することが難しくなっている。

ジャガーFペース30tは、今やジャガー・ランドローバーのメインユニットと言って差し支えないインジニウム・ターボ・エンジンのガソリン2ℓ版を搭載している。その最高出力は4気筒最強の300psで、この馬力が30tというグレード名の由来になっている。

20世紀の終わり頃は、ジャガーのエンジンといえばストレート6かV12の2通りという状態が長く続いていたが、昨今のバリエーションはモデル数に比例するように増えている。フラッグシップの5ℓ V8スーパーチャージドは健在だし、その下には3ℓ V6スーパーチャージドも控えている。そしてディーゼルとガソリンが存在するインジニウム・ユニットは、ガソリン版だけでも200ps、250ps、そして今回の300psと3つのバリエーションが用意されているのである。

next page最強の4気筒は簡易的か?

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ