試乗記

2019.05.06

長期テスト BMW M135i(3) LSD装着で走りに磨き

BMW M135i

編集部より

中古で購入したM135iのチューニングはさらに続きます。足回りの変更に合わせてベストな空気圧を探りました。次に導入したのはLSDで、コントローラブルなマシンに仕上がったようです。その他ショートシフトキットの組み込みとクラッチペダルの調整も行いました。

もくじ

積算51740km サスに合わせて空気圧を変更
積算53841km 足回りの仕上がりに満足 LSDも導入
手軽にできるLSD装着 いらつく内輪の空転を抑えられるか
コントローラブルなマシンに トランスミッションも改良
テスト車について
テストの記録

積算51740km サスに合わせて空気圧を変更

標準のサスペンションから高レートのスプリングとダンパーに変更したので、タイヤの空気圧の調整にはまっている。乗り心地とタイヤのスタビリティ、グリップ性能のバランスがとれるポイントを追求している。乗り心地とグリップなら29psiが完璧だが、ハードなコーナリングをするとタイヤが潰れてしまう。だが37psiまで上げると乗り心地は最悪で、グリップにとっても良くない。そこで、最終的には32psiで落ち着いた。

 
最新試乗記