長期テスト BMW M135i(3) LSD装着で走りに磨き

2019.05.06

コントローラブルなマシンに トランスミッションも改良

実際にLSDを装着した状態でもM135iは驚くほどコントローラブルで、ブレーキング時のリアの動きが滑らかで予測しやすい。子供じみたパワースライドについて言っているのではない。後輪駆動にLSDを組み合わせれば、マシンの手の内感が本当にあふれるようになる。

加えて、このBMW製直6ターボから406psを発揮させるつもりでいる。オープンディファレンシャルを介して、すべてのパワーを地面にたたきつけるのはきっと最高だろう。だが、エンジンに手をつけるのはそのほかの部分が終わってからだ。

デフを組み込んでいる間に、ショートシフトキットを組み込んでもらった。従来はあまりにも鈍く、まるでゴムのような感触だったが、今では適度な重さがある素晴らしいシフターに生まれ変わった。ただ、重くて扱いにくくなったという人の気持ちもわかる。今回はその他に、クラッチペダルの重さも少し増やしてもらっているからだ。

ギアチェンジするときには適切な重さだと感じるが、渋滞のようなストップアンドゴーが続く場面では賢明なセッティングではない。

ある日クルマから離れて戻ってくると、運転席側のパネルすべてに傷が入っていた。修理に高くつかないことを祈るのみだ。

 
最新試乗記

人気記事