[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

長期テスト ポルシェ911(6) カレラSを選ぶ理由 GT3、GT2 RSと比較

2019.05.08

電動パワステの出来はいまいち 初代の精神を受け継ぐモデル

最後に残るは感覚の問題だが、公道だろうとサーキットだろうと、速く走ろうとゆっくり走ろうと、これらのGTモデルは他の911とはまるで別物だ。個人的には、この差はパワーやグリップの違い以上に大切だ。

最新技術を詰め込んだGT2も、この点では7年落ちのGT3に及ばないらしい。油圧パワステはほとんど駆逐されてしまったものの、クルマを介してドライバーが路面を感じる際の感覚では、どうしても電動は油圧に劣る。

GTモデルに試乗する期間は終わり、カレラSが残った。だがGTモデルと比べてなお、このクルマは魅力的な存在だ。実生活の多くの場面でGTモデルに肉薄したパフォーマンスを見せたことで、わたしの911に対する評価はさらに固まった。

確かに、峠やサーキットに行くならカレラSのような標準モデルではなくGTモデルを選ぶだろう。だが、日常生活を共にすると考えると、カレラSはこれまで通り初代911の精神を受け継ぐ、選択する理由のある存在だ。

好きなトコロ

実生活での速さ

公道で必要なパフォーマンスを余すところなく、容易に引き出すことができる。

嫌いなトコロ

電動パワステのフィードバック

初期の911の油圧式ステアリングのような、濃密な感触はまだ実現できていない。

テスト車について

モデル名:ポルシェ 911 CARRERA S
新車価格:8万5900ポンド(1250万円)
テスト車の価格:10万8000ポンド(1570万円)

テストの記録

燃費:13.9km/ℓ
出費:なし
故障:なし

 
最新試乗記