[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

初試乗 リンク・アンド・コー01 PHEV 欧州へは2020年に ボルボ譲りのCMA

2019.05.10

どんな感じ?

パワートレイン間のシームレスさはいまひとつ

上海の南、杭州湾(こうしゅうわん)に位置するジーリー社のテストコースは、低速コーナーしかないが、01 PHEVの最高速を出すのには充分な、2本の直線がレイアウトされていた。

静止状態から急加速を与えると、初めはモーターの力だけでクルマはスタート。しばらく走行すると、エンジンのパワーが割って入ってくる。大胆なペダル操作をしてみると、シームレスにふたつのパワートレインが協働するという感じはなかった。特に3気筒エンジンが始動する直前、はっきり感じるタメの時間がある。

3気筒エンジンは活発に回転させると音も大きくなるが、変速時のレスポンスも素早く変化する。トヨタ・プリウスなどのハイブリッドモデルで一般的な、CVTのぼんやりとしたフィーリングとも異なっているうえ、クルマも速く感じられる。出だしはそれほどでもないものの、リンク・アンド・コーが主張する0-100km/h加速の7.3秒は、感覚として間違いなさそうだ。

 
最新試乗記