新型ポルシェ911カレラ4S(992) vs 959 比較試乗 スペックは同等 フィールに大きな違い

2019.05.11

33年分の進化

そして、エンジン回転数が4800rpmに達して大径ターボが加わると、それまでの走りなど、このクルマの実力のほんの一端にしか過ぎなかったことを認識させられることになる。

シートに押し付けられるというだけでは不十分な、まさに、後方へと投げ出されるように感じるほどの加速であり、992をはるかに凌ぐ回転上昇の速さによって、ドライバーは素早く次のギアへとシフトアップする必要に迫られるが、完ぺきなギアレシオによって、シフトチェンジを行うたびに、ちょうど4800rpmまでエンジン回転数が下がり、ふたたび怒涛の加速を味わうことができる。

2019年の現在でも、959は驚くほど速いモデルであり、1986年であれば、まるでキャノン砲のように感じたに違いない。

959のほうがはるかに速く感じるにもかかわらず、スペック上では992世代の911とそれほど違わないのはなぜだろうと考えていたが、このクルマには最新の技術、つまりは、電光石火のシフトチェンジやローンチコントロール、トラクションコントロールといったものが採用されていないにもかかわらず、完全新設計の911との0-100km/h加速における差は、たった0.1秒しかないことの意味を突然理解することができた。

さまざまな点で、この2台は比べるべくもない存在なのだ。959のシャシーはドライバーとの一体感を感じさせ、17インチというホイールサイズにもかかわらず、ブリヂストン製タイヤは素晴らしいグリップを発揮するが、992に乗ってみれば、そのグリップと落ち着きに33年分の進化を感じるとともに、確かに959で究極のハードブレーキングを試したことはないが、それでも、992のほうがはるかに優れたストッピングパワーを見せることは間違いないだろう。

さらに、ポルシェ初の四輪駆動モデルである959のフロントには、まったくトランクスペースなど残されていない一方で、992には広大とも言えるラゲッジスペースまで備わっている。

 
最新試乗記