新型ポルシェ911カレラ4S(992) vs 959 比較試乗 スペックは同等 フィールに大きな違い

2019.05.11

真の後継モデル ターボSに期待

それでも、知りたかったのは、この2台に共通するフィールはあるかということであり、その答えは、非常に離れてはいるものの、確かに同じようなフィールを感じることは出来るというものだった。

素晴らしいエンジニアリングや、そのサウンドとスタイリングに共通点が感じられるとともに、純粋なスポーツカーでありながら、長距離ツアラーとしての資質も備えており、959のあまりにも自然なフィールは、このクルマのドライバーを失望させてしまうのではないかとさえ思わせるほどだ。

だが、少なくとも、それはエンジン回転数が4800rpmに達するまでの話であり、一旦4800rpmを越えれば、ドライバーには本物の衝撃が襲ってくる。

959の魅力は何よりもその二面性にあり、あるところまでは非常に従順なモデルが、突然驚異のマシンへと変貌するのだ。

つまり、992型カレラ4Sは、確かにスペック上は似ているかも知れないが、現代の959などではなく、現代の959に求められるのは、驚くほどの柔軟さを備えつつも、ポルシェ最高の四輪駆動シャシーを完全に圧倒するようなエンジンを備えたモデルであるということだ。

おそらく新型911ターボこそが現代の959を名乗るに相応しいモデルであり、もし、噂されているとおり、ターボSに609ps以上のパワーが与えられれば、959の真の後継モデルは、今年中にはわれわれの前に姿を現すことになるのかも知れない。

 
最新試乗記