ロードテスト メルセデスAMG C63 Sクーペ ★★★★★★★★★☆

2019.05.12

結論 ★★★★★★★★★☆

「綺羅星の如きこのC63 Sは、まさしくBMW Mへの宣戦布告だ」

AMGが、現行Cクラス・クーペにダウンサイジングターボユニットを搭載しリリースしてから4年経ったが、それでもアナクロ感漂うこのクルマの魅力はほぼ色褪せていない。その魅力の源泉を、このクラスでは稀有となった強烈なパワートレインや、現実世界ではスーパーカーすら脅かすほどのパフォーマンスだとするのは簡単だ。しかし、AMGの真の成功は、この愛すべきホットロッド的クーペを、よりハードなドライビングを楽しめると同時に、英国の道路にも順応できるクルマに仕立てたことにある。シャシーの電子制御系は、もう少し煮詰めてほしい感もあるが、それでもとくに注目すべき点だ。また、これまで持ち合わせていなかった乗り心地の繊細さが備わった。

そうは言っても、内装の構成やフィニッシュはデビューから時間が経ったことを感じさせはじめている。さらにAMGは、好ましくないロードノイズを遮断すべく、対策を講じるべきだ。それらの点は、Cクラスファミリーにおける他のモデルでは深刻な問題となりうる。C63 Sが現状の市場を見回しても類がないほど楽しく、スリルを味わえるクルマであることを考えあわせると、それは看過して然るべきだが、その一点ゆえに満点を与えることはできなかった。

担当テスターのアドバイス

リチャード・レーン

ESPはカットし、9ステージ式トラクションコントロールは6〜8の間に。スバルBRZを500psにしたような夢のクルマとはいかないが、ほぼ完璧な走りを味わえる。

サイモン・デイヴィス

AMGのシャシーエンジニアたちが、豪快な4.0ℓV8のみに頼らないドライビング体験を具現化した素晴らしい仕事の成果だ。C63には、これほどホットロッド的な走りはない。

オプション追加のアドバイス

はたして、C63と、それより9000ポンド(約135万円)高いSではどちらを選ぶべきか。われわれは、装備内容やシャシーに追加される電子制御デバイスを考慮すれば、価格差なりの価値はあると思う。

改善してほしいポイント

・キャビンはもう少しAMGならではの特別な演出を加えてほしい。ノーマルのCクラスとの差を明確に。
・長距離ドライブを考えれば、ロードノイズはもっとしっかり遮断しなければならない。
・9速ATの動きはいいのだが、低速でのマナーには改善の余地がある。

 
最新試乗記