ロードテスト メルセデスAMG C63 Sクーペ ★★★★★★★★★☆

2019.05.12

走り ★★★★★★★★★☆

寒く、路面の湿ったテストコースの、真っ平らな1.6kmストレートはふたつのことを教えてくれた。まず、理想的とは言えないコンディションの路面に有り余るパワーを伝えるには、二輪駆動より四輪駆動の方がはるかに適しているということ。次に、C63 Sクーペは、いったんその状況に馴染んでしまえば、途轍もなくクイックなクルマだということである。

もちろん、510psと71.3kg-mという公称値は驚くほどのことではない。しかしながら、AMG最小のV8モデルであるこれは、まるでコースの終点にあるガードレールのずっと向こうまで加速を続けていきそうに感じられる。オプションのAMGドライバーズパッケージを装着すれば、最高速は250km/hから290km/hへと引き上げられるが、それらのリミッターを完全に解除できれば、320km/hをオーバーするとしても不思議はない。

もっと客観的なデータをみていこう。2名乗車で往復計測した0-97km/h加速の平均値は4.3秒で、公称値には0.4秒届かなかった。もっとも、当日のコンディションでは、低いギアでのトラクションは満足いくものでなかった。ドライ路面なら、文句なくメーカーの主張するタイムを達成できるだろう。実際、湿った路面でマークした0-161km/h=9.2秒というタイムは、ジュリア・クアドリフォリオと同等で、M4に0.4秒譲るのみだが、これらのライバルは完全なドライコンディションでテストしている。AMGに、何ら恥じるところはない。

4.0ℓV8の能力が発揮されるケースは、変速しつつの強力な直線ダッシュに制限されない。ギアを固定していても、怒涛の走りをみせる。4速固定での48-113km/h加速は4.9秒で、アルファとBMWの5.4秒を凌いだ。これこそ、シリンダー数の有利がなせる業だろう。

9速MCTは、巧みな変速を可能にする能力の持ち主だ。しかし、よりアグレッシブな調整により、低速での礼節が多少は失われているのも事実である。とりわけシフトダウンはぎこちなく、滑らかさを欠く。全開時のレッドラインでのシフトアップをより味気ないセッティングにしていたなら、もっと満足のいくものとなっただろう。

テストコース

かつて、AMGのハイパワークーペは、ストップウォッチの前では腰砕けだったが、C63 SのATがやはりサーキットでは扱いにくいいっぽうで、クルマそのものは素晴らしいものがあった。メルセデスのカーボンセラミックブレーキはラップを重ねても音を上げず、その食いつきと制動力はドライビングに自信を持たせてくれる。公道向けのミシュラン・パイロット・スーパースポーツも路面をガッチリ掴むが、これは5〜6周もするとベストな状態が失われてしまう。

アグレッシブな電子制御デフは、強力なトラクションに寄与する。それゆえ、よほどスロットルを乱暴に踏み込まなければ、コーナリング中の良好なバランスが徐々にアンダーステアへと転じていく。このシステムはまた、タイトな低速コーナーでも効果的で、ドライコンディションでは飛び出すような脱出を可能にする。さらに、ポルシェ911のようなスポーツモデルに比べて高い重心は感知できるが、ボディの挙動はおおむねきっちりと抑えられており、結果としてライバルたちと十分に渡り合えるラップタイムを実現する。

ドライサーキット


メルセデスAMG C63 Sクーペ:1分13秒8

BMW M4(2014年、乾燥路面/気温23℃):1分12秒5

T3へは安定して、劇的なことはほとんどないままにかなりの速度で進入するが、タイトだがクイックなので、繊細なコーナリングが必要とされる。

電子制御デフは、スロットル操作を注意深く行えば、T6でのパワーロスを最小限に抑えられる。このコーナーはトラクションの試金石だが、C63 Sは上々にこなす。

ウェットサーキット


メルセデスAMG C63 Sクーペ:1分10秒6

BMW M4(2014年、乾燥路面/気温23℃):1分25秒7

このコースの極めてμが低い路面では、まずはアンダーステアが出て、急激にオーバーステアへ転じる傾向がある。バランスに余裕はあるが、注意は必要だ。

T8の後に待つ水浸しの直線で、C63 Sはホットロッド的な本性を表す。どのギアでも、トラクションを得るには激しく苦戦する。

発進加速


テストトラック条件:湿潤路面/気温14℃
0-402m発進加速:12.6秒(到達速度:190.1km/h)
0-1000m発進加速:22.3秒(到達速度:245.1km/h)


BMW M4
テストトラック条件:乾燥路面/気温23℃
0-402m発進加速:12.3秒(到達速度:194.6km/h)
0-1000m発進加速:21.9秒(到達速度:250.0km/h)

制動距離


テスト条件:湿潤路面/気温14℃
97-0km/h制動時間:2.69秒


BMW M4
テスト条件:乾燥路面/気温23℃

 
最新試乗記