ロードテスト メルセデスAMG C63 Sクーペ ★★★★★★★★★☆

2019.05.12

使い勝手 ★★★★★★★★☆☆

インフォテインメント

このC63 Sクーペのインフォテイメントシステムは、最新型ではないコマンドを採用する。ただし、ディスプレイは8.4インチから10.25インチへ拡大された。また、計器盤はアナログではなく、12.3インチのディスプレイを用いたデジタルコクピットとなった。

ナビゲーションやデジタルラジオ、Apple CarPlayとAndroid Autoはすべて標準装備だが、ソフトウェア自体は古さが見えはじめている。マップはより新しいシステムのそれほど詳細ではなく、メニュー切り替え時にはわかりやすいタイムラグがある。起動も遅い。

そうはいっても、12.3インチの新型デジタルコクピットはクリアで読み取りやすく、ステアリングホイールに設置された小さなタッチパッドを使えばカスタマイズも容易だ。

テスト車には2595ポンド(約39万円)のプレミアムプラスパッケージを装備。その内容は、360°サラウンドビュー・パーキングカメラやパノラミック・グラスサンルーフなど。エクセレントなブルメスター製サラウンドサウンドシステムも含まれるが、当然ながらV8サウンドに飽きることはないはずだ。

駐車

燈火類

オートマティック・マルチビームLEDヘッドライトは、C63ではオプションだが、C63 Sでは標準装備。ハイ/ローともに、明るさも照射範囲の広さも申し分ない。

ステアリングとペダル


ステアリングコラムのアジャストに関しては、何の不満もない。ペダルはほどよい間隔が開けられ、長距離ドライブでの疲労を軽減するのに役立つ。

 
最新試乗記