ロードテスト メルセデスAMG C63 Sクーペ ★★★★★★★★★☆

2019.05.12

快適性/静粛性 ★★★★★★★☆☆☆

歴史を振り返れば、豪華さと洗練性は、付随的なものかもしれないが、AMGの体験における重要な要素だった。現在のC63 Sには、もはやふんだんなウッドパネルやふわふわしたサスペンションはみられないが、オーナーたちは完全なGTカーの代役をキチンと務め、ときに長距離ドライブもこなすことを求めるはずだ。

その点は、フェイスリフトで多少ながら改善された。とはいえ、W205世代のCクラスAMGは、基本的に固いクルマだ。長距離での快適性は及第点以上といったところで、荒れた路面での身体に伝わるパタパタした感じはたいていの場合で避けられないが、コンフォートモードなら納得いくレベルにまで減少する。これは、速度を上げると生じてくるシャシー本来の一体感によるところもある。

事実、ほとんどの場合でスピードは乗り心地のクオリティを高めてくれる。また、穏やかながら間違いなく波長の長い入力を吸収しながらも浮き上がってしまうことのないサスペンションの能力が、パフォーマンスブランドらしい快適性を生んでいる。市街地での走りや低速での取り回しは、ストラットからはっきりとしたショックが出てしまうが、この手のクルマとしては予想の範囲内だ。なにより、日頃から2速を超えるのに精一杯というようなドライバーが、C63 Sを購入しようとは思わないだろう。

とはいえ、四輪の大きな接地面は、それなりのタイヤノイズを発生させ、長く乗っていると疲れにつながる。それもこの手のクルマには付きものだと思うかもしれないが、113km/h巡航時の騒音計測で、これより5dB低い値だったアウディRS4が、クラス標準がこれまでより上がってきていることを示している。

 
最新試乗記