初試乗 フォード・レンジャー・ラプター オフロードのスポーツカー

2019.05.13

ボンネットに収まるのは2.0ℓ4気筒ディーゼル

見た目だけでなく、ラダーフレーム・シャシーはフロントのサスペンションマウント周りが強化され、リアサスペンション周りは設計自体が改められている。古風なリーフスプリングの代わりに、コイルスプリングとパラレルリンク構造を採用し、リアアスクルの動きをコントロールする。

スプリング自体も新しいものになり、フォックス・モータースポーツ製のダンパーを装備。荷台が空であっても、オフロードを高速でかっ飛ばしても、暴れること無くベストな状態を保ってくれる。あえて呼ぶなら、グラベル専門のスポーツカーといったところか。

リフトアップされたおかげで最低地上高も51mm増しの283mmとなり、アプローチアングルとデパーチャーアングルも30%向上。17インチのアルミホイールにBFグッドリッチ製のK02タイヤがボディを支える。

こんな内容だからレンジャーのラインナップの中でもトップグレードに位置し、選べるのはダブルキャブ・ボディのみのなる。価格は税込みで4万8785ポンド(707万円)。最も高い標準のレンジャーよりも1万ポンド(145万円)ほど高い。

ボンネットには、熱狂的な興奮を与えてくれるV6ガソリンではなく、2.0ℓ4気筒のツインターボ・ディーゼルが納まっている。少々残念にも感じるが、これは仕方ない。V6ガソリンがお望みなら、アメリカに移住するのが良いかもしれない。

眼の前に広がる、モロッコの原野が呼んでいるようだ。

 
最新試乗記