英国試乗 BMW 330i Mスポーツ あらゆる面で先代を上回る

2019.05.14

どんな感じ?

キャビンの仕上げが大きく向上

このG20型3シリーズは試乗するたびに良い印象を与えてくれる。今回の330i Mスポーツも同様だ。先代から改善された点を挙げるとすれば、キャビンの豪華さ、品質、技術的洗練度、そして室内空間だ。小型エグゼクティブサルーンのセグメントでは最高レベルの仕上がりだろう。センスが良く高級感あるキャビンは先代から最も大きく進化した点といえる。

デジタル式メーターパネルは今までに類を見ないほどの見易さとはいえないが、運転する上で必要な情報はすべてそこに表示されている。大型ヘッドアップディスプレイにはスピードメーターを中心に、シフトポジションや運転支援装備の設定、さらにナビの案内などが見やすく配置される。

BMWの新しい10.3インチのインフォテインメントシステム(Mスポーツには標準、それ以外ではオプション)は初めて見たひとにはiドライブの方が使いやすかったと感じるかもしれない。カスタマイズ可能なホーム画面が用意されたが、これを使いこなさない限りは単に操作が紛らわしくなるだけではないか。ただし、BMWお得意のロータリー式コントローラーやショートカットキーのおかげで、目的の機能にたどりつくのは容易だ。

走行モードの切り替えはセンターコンソール上のボタンで行う。トグルスイッチではなく、スポーツ、コンフォート、エコ・プロのボタンが設けられている。そしてアダプティブMサスペンション装備車にはアダプティブモードのボタンも取りつけられる。スポーツボタンを2度押しすれば、スポーツ・プラスやスポーツ・インディビジュアルを選択することが可能だ。

 
最新試乗記