海外試乗

2019.05.28

新型ポルシェ911(992) 日本人ジャーナリストの評価 大谷達也編 海外試乗

ポルシェ911(992)

文・大谷達也 

ダイナミックに感じる理由

より力強くダイナミックな佇まいを得ているのは、後輪駆動を含む全モデルが幅広なリアトレッドのワイドボディで統一されるとともに、タイプ991に対してフロントのボディ幅が45mm拡大されたことによる。

リアタイヤをフロントより1インチ大きい21インチとしたことも力強いスタンスを生み出すのに役立っているはずだ。子どもじみた言い方をすれば、タイプ992は明らかに「格好いい」

もっとも、こうした諸元の見直しをポルシェが「格好よさ」のためだけに行ったと考えるのは間違いだ。まずは目標とする性能があり、それを達成するためにディメンション変更を行う……。これがシュトッツガルトに本拠を置くスポーツカーメーカーのやり方である。

では、ポルシェはなにを意図して前後のトレッドを拡幅し、タイヤ径を拡大したのか?

タイプ992の国際試乗会が終わろうとしていたとき、わたしがシャシー・エンジニアにそう問いかけると、こんな答えが返ってきた。

「タイプ992の開発に際して、わたしたちはシャシーのピーク・パフォーマンスに関して言えばタイプ991のレベルで十分に高いと判断しました。そこでタイプ992では、より幅広い状況でこのピーク・パフォーマンスを引き出せるようにすることを目標に置きました」

 
最新試乗記

人気コンテンツ